貼り付けサービスのメリット

貼り付けサービスのメリット

貼り付けサービスのメリット プロテクションフィルムは、車の表面にビニールなどでできた薄い素材を貼り付けて、車体を保護するものです。車の走行中には、前の車によって跳ね上げられた飛び石やなど、車体を傷つける要素が数多くあります。また走行していない時にも、屋内に駐車するのではない限り、鳥の糞や酸性雨などが蓄積することで車体はダメージを受けます。プロテクションフィルムそういったことから車体を守ってくれて、製品次第では見た目への影響が少なく済みます。
そんなプロテクションフィルムは当然、車に密着させなければなりません。中には市販品もあり、DIYとして自分で貼り付けることも不可能ではありません。けれどもし安定した仕上がりを望むのであれば、貼り付けサービスに依頼した方が無難でしょう。さらにサービスによっては使用する素材や貼り付けをする場所など、色々な選択肢が用意されていることがあり、その中から最適なものを選べるという強みもあります。

プロテクションフィルムを施工する目的とは

プロテクションフィルムを施工する目的とは 車のボディーを飛び石や引っかき傷などから守るため、プロテクションフィルムを施工する方が多いです。また、汚れや鳥の糞などからボディーを守る目的もあります。プロテクションフィルムは塗装面を保護するための特殊フィルムです。
新車購入直後に施工すると、新車の輝きを長期間保持することができます。以前はカーコーティングやワックスなどが主流でした。これらは表面に被膜を作り、塗装を保護するものでした。しかし、ボディーの美しさを保持するためには有効でしたが、塗装面の保護の観点では効果はほとんどありません。
ボディーの保護と輝きの両面に優れたプロテクションフィルムは、とても魅力的なものであると言えます。ただし、その効果は永久に続くものではありません。どうしても耐久年数が存在してしまいます。一般的には5年間程度が耐久年数となっています。その間、時間とともに性能は劣化していきます。再施工できるものもあり、その場合、耐久年数を延ばすことができるのです。